読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキル0・経験0から会社に雇われず、フリーランスのクリエーターとして生きていく

イラスト・デザイン・ライターなど、フリーで自分が本当にやりたい仕事をする、 そんなライフスタイルを手に入れませんか?

今世界で革命が起きている。

f:id:freelance1223:20170222182925j:plain

 

歴史の教科書に出てくる
「イギリス産業革命の時代、

 

当時のイギリスでは労働時間が
長ければ長いほど生産性が上がる
と考えられていたため、

労働者は毎日14時間以上
長い時には18時間も働いていたそうです。

 

 

しかし、
それだけ働いても生活はギリギリで


仕事から帰ってきて
疲れ果て泥のように眠り、
また朝早くから仕事に出かける。

  

遊ぶ時間も贅沢をするお金も
家族や友達と語らう余裕すらない

そして結局、

過酷な労働環境で体を壊したり、
病気や怪我で働けなくなる

 

そうなれば即クビになる
という超ブラック企業
蔓延していたわけです。

 

f:id:freelance1223:20170222192628j:plain

 

そんな記述を見て、
当時高校生の僕が純粋に思ったのは


「何でそんな仕事続けてたんだろう。

体を壊すくらいなら辞めるか、
もっと別のところ行けばいいのに。」

 

まぁ働いている人からすれば

それが出来たら苦労してない
って話なんですけど。

 

一度労働者になってしまったら、
もう他の選択肢なんてない

 

f:id:freelance1223:20170222193714j:plain

 

なんでそんな労働環境でも
辞めずに働き続けるかって結局、

 

他に選択肢がない

からなんですよね。

 

 

その日暮らしだから、
何かを別の選択肢を探す余裕がない。

そんなことをしている間、
生活費はどうする?


貯金なんかもちろんない、
今日食べていくので精一杯。

 

生まれた時から労働者は労働者。
それを抜け出す術などなく、


だから現状維持で仕事を続けるしか
選択肢がないんです。

  f:id:freelance1223:20170222195140j:plain

 

でもその後ろでは、
資本家(雇う側の)人間は
自由で贅沢な暮らしをしていて

 
時間にもお金にも余裕があるから
また新しい事業を始めて
更にどんどん収入を増やしていく。

 

そうやってどんどん
貧富の差が大きくなっていく。

でもそれをどうすることもできない。
労働者はただ働くしかない。

 

 

なぜなら「資本主義」
という資本家と労働者の関係で
世界は成り立っているから。

 

この隔てりを超えるのはなかなか難しい。

  

 

 

でもあれ?

これって現代もあんまり

変わってなくない? 

 

資本家と労働者、
つまり雇う側雇われる側の関係。

 

現代でも雇われる側は

・リストラ

パワハラ

・長時間、時間外労働

・低賃金。

etc.

 

ブラック企業と言われていても
余裕がないから働き続ける。

そして体を壊したり、
亡くなってしまう人もいる。

 

でもやっぱり、
雇う側の人間は時間的にも
収入的にもとても自由です。

 

それもそのはず、

結局今も昔も雇う側と雇われる側
という資本主義の関係は
変わっていないからです。

 

 

しかし、
そんな現代に大きな変化が
起きているんです。

 

産業革命が起きている 

 

f:id:freelance1223:20170222200934j:plain

蒸気機関の登場で産業革命が起きたように
今の時代を大きく変えている存在

 

それが「インターネット」 

 

現代はインターネットの普及により
時間もお金もない人でも、


雇われずに収入を生み出せる
つまり雇う側になれる時代に
なりました。

 

 

逆にAIの進歩などによって
人間の労働者はどんどん
要らなくなってきています。

 

間違いなく未来の社会の教科書に
載るような変化が今起きています。

 

 

自分の意思でどちら側になるか
決めることができる、
決めなければいけない時代。

 

あなたは
「雇う側」と「雇われる側」

どちらを選びますか?

 

 

もしかしたら50年、100年後の未来、
現代の労働環境が社会の教科書で 


学んでいる学生が僕と同じように
今のブラック企業で働く人を見て、

 

「何でこの人たちはそんな仕事を
やめなかったんだろう。」

 

なんて思うかもしれません。 

僕の勝手な想像ですが。。笑 

広告を非表示にする