Liberty Create

会社に雇われず、自由にフリーランスとして生きていく

フリーランスクリエイターの主な3つの職種

f:id:freelance1223:20170523171423j:plain​​​​​​​

 

専門学校を出てせっかくスキルを身に付けたけど、気づけば全く関係のない仕事をしている、という人は以外と多いんじゃないかなと思います。専門学校ではスキルは教わりますが、実際にそのスキルをどう仕事にしていけばいいのかは教えてくれません。

専門学校に入ったからといってその専門の仕事が出来るところに就職できるとは限らず、むしろ卒業後やりたかったこととは別の仕事をしている人の方が多いのが今の日本の現状です。


やっぱり自分の好きなことや得意なことを仕事にしたい、そうは思うけど実際に何をすればいいのかわからないという人に向けて、今回はクリエイターフリーランスの仕事の種類を紹介していきます。

今まで知らなかった「フリーランス」という仕事の仕方を知ることで、自分の知識やスキル、経験を活かせるやりがいのある仕事を見つけられたり、理想のライフスタイルを実現できるようになるかもしれません。

 

フリーのクリエイターの仕事

 

フリーのクリエイターといっても仕事の仕方は多種多様です。まずはどのような職種があるかを知ることで、あなたのスキルや経験を生かすことが出来る仕事が見つかるかもしれません。

 

主なフリーのクリエイターとしての仕事の種類は大きく分けて

・ライター系

・デザイン・イラスト系

・Web系


上記の3つに分けられます。

それぞれどのような仕事があるのか、収入はどのくらいなのかを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ライター系 

 

f:id:freelance1223:20170523171844j:plain

 

ライター系は始めるのに特別なスキルが必要なく、パソコンとネット環境があれば始められることができるので、比較的誰でも始めることができる職業です。

フリーライターのお仕事としては、ブログ記事やコンテンツ記事を執筆するWEBライター、商品のキャッチコピーやネーミングを作るコピーライター、ブログに広告を出して広告収入を得るアフィリエイター、英語や中国語など外国語が得意な人は外国語を日本語(日本語を外国語に)に翻訳する翻訳者などがあります。


契約して月にいくらというよりは、案件ごとに1記事いくら、という報酬体系がほとんどで、年収は10万円〜1000万円という人まで様々です。

ライターとして安定した収入を得て生きていくには、文章構成やコピーライティングのスキルが必要ですが、始めるにあたって敷居が低く隙間時間などにでも始められるので、フリーのライターを目指す人は、どんどん書いてみてスキルを身につけていきましょう。

 

デザイン・イラスト系 

 

f:id:freelance1223:20170523173341j:plain

 

デザインやイラスト系の仕事は、自分のスキルや才能を活かしたい、やりがいの持てる仕事をしたい、自分はクリエイターだという人に向いている職業です。


デザイン系の仕事としては、HTMLやCSSを用いてWebサイトのデザインをするWebデザイナー、ポスターや商品のラベルをデザインするグラフィックデザイナー、企業や製品のロゴを制作するロゴデザイナー

イラスト系の仕事としては、本の表紙や挿絵、Webサイトや記事の挿絵などのイラストを描くイラストレータ、ゲームやマーケティングで使われるキャラクターをデザインするキャラクターデザイナーなどがあります。


年収は200万円〜500万円が一般的で、デザイン系ならPhotoshopIllustratorなどの画像処理ソフトのスキルが、イラスト系ならアナログだけではなくデジタルでのスキルが必要となります。

デザインやイラスト系の仕事で活躍していくには、SNSやサイトを使って自分の作品をアピールしていき、またコンテンツを販売したり、情報発信などをしていくことで、外部からの発注を受けられるようにもなっていきます。

 

Web系

 

f:id:freelance1223:20170523173917j:plain

​​​​​

Web系の仕事はバグとの戦いですので根気強く、また常に勉強していかなければならない業種ですので、勉強熱心な人やクリエイティブな才能を異界していきたい人に向いています。

Web系のお仕事としては、プログラムの設計を行うプログラマースマホなどのアプリの開発をするアプリケーションエンジニアなどがあります。


特徴として報酬が高いことが挙げられ、実績を積んでいくと1つの案件で数十万〜百万円という報酬も望めます。年収の平均は300万円〜1000万円と、他の職種よりも高めです。

IT言語も様々なものがあり、使える言語が増えていくと仕事の範囲や報酬も増えていくので、勉強し続けていけば安定した収入を得ていくことが出来ます。 

 

 

誰でもフリーランスになれる

 
今回はフリーランスのクリエイターとしての仕事を紹介しました。

フリーランスとして仕事をしていくのに、特別な資格などは必要ありません。誰でも始めようという気持ちがあれば、フリーランスでクリエイティブな仕事をして生きていくことは可能です。

自分のスキルや好きなことを仕事にしたい、そう思っている人はクラウドワークスやココナラなどのサイトを利用したり、関係する仕事をしている人からの紹介など、最初は本当に簡単な仕事やお小遣い稼ぎにしかならないような仕事でも小さな仕事からでも始めていくことをオススメします。