Liberty Create

会社に雇われず、自由にフリーランスとして生きていく

あなたにぴったりの仕事は?フリーランスの仕事26種

f:id:freelance1223:20170603161349j:plain


最近は会社に雇われて仕事をするのではなく、個人で仕事をするフリーランスの自由な働き方に憧れる人は増えてきました。しかし、フリーランスに憧れるけれど、専門的な知識やスキルを持っていないから自分には無理と思っている人もいると思います。

確かに、フリーランスで仕事をしていくためには、努力はもちろん専門性の高い知識やスキルが必要ですが、別にフリーランスには決まった仕事の種類というには存在せず、どんな仕事でも組織に属さずに個人でやっていれば『フリーランス』ということができます。

そこで今回は、一般的なフリーランスの仕事から、少し変わった仕事まで広くフリーランスの仕事の種類を紹介していきます。

 

フリーランスの仕事の種類

  

f:id:freelance1223:20170604131431j:plain

デザイナー

デザイナーと言っても様々な種類があり、ホームページやサイトのデザインなどを製作するWebデザイナー、ポスターやカタログ、商品のパッケージから電車内の広告などまで様々なデザインを製作するグラフィックデザイナー、会社や商品などのロゴを製作するロゴデザイナーなどの仕事があります。

 

イラストレータ

フリーランスイラストレーターをしている人は多くいます。1枚当たりいくらという単価設定で、アニメやゲームのキャラクターを製作するキャラクターデザインや、本や雑誌の表紙や挿絵を描く仕事、他にも様々なイラストをさ作成する仕事があります。

 

漫画家

最近では、紙以外にも漫画アプリが人気になったこともあり、フリーランスで漫画家をやっている人もいます。また企業の商品の販売促進のための紹介漫画を描いたり、デザインやイラストの仕事を兼業している人もいます。

デバッガー・テスター 

 ソーシャルゲームやアプリ開発の現場では、リリース前に商品のデバッグ(不具合やバグがないかチェックすること)やテストプレイをするデバッガーという仕事があります。

こちらのデバッガーやテスターの仕事は社員ではなく、業務委託やフリーランスの人がやることが多いです。

ライター 

ライターの仕事は、一言で言うと文章を考える、書く仕事です。具体的にはWeb上で記事やコラムといった文章を執筆したり、メッセージ性のある文章やキャッチコピーを考える仕事です。

ライターの仕事はスキルの差はありますが、パソコンやスマホといった道具があれば比較的誰でも始めることが出来るため、フリーランスの仕事の中でも多くを占めています。

ブロガー

ライターの中でも依頼された文章を書くだけではなく、自身のブログを開設して情報発信をしていき、広告収入を得て生活している人もいます。

一般的には楽な仕事と思われがちですが、1記事書けばいくらもらえるというわけではなく、ブログで稼げるようになるのにはという時間がかかります。紙媒体に掲載する記事とは異なり、SEOや簡単なコーディングなどのスキルや知識が必要になります。

編集者


ライター系の仕事の中には、文章を作成するだけではなく、すでにある文章を校正、添削したり、リライトする編集者という仕事もあります。基本的にフリーランスの編集者は出版社で編集者として働いた後、独立する人が多いです。

コンサルティング

企業のメディア運営(WEBやSNSを使った集客や販売戦略)や経営などのコンサルティングやセミナー講師を仕事にしている人もいます。特にWeb関係のコンサルティングは、まだまだWEBの知識が全然ない企業も多いので、フリーランスでそこまで知名度のある人ではない場合でも、仕事を任せてもらえることは少なくありません。

ユーチューバー

有名ユーチューバーの登場で、今では小学生の将来なりたい仕事の上位にもなっているユーチューバーもフリーランスです。youtubeの動画のバナー広告や動画再生前に流れる広告、企業から依頼されたPVなど、広告収入で収入を得ています。

また、人気のユーチューバーはグッズ販売やイベント出演といった芸能活動のような仕事もしています。

 

ディレクター 

ソーシャルゲームやWeb制作などの業務の進行を管理するディレクターの仕事をフリーランスでやっている人もいます。企業と契約してフリーランサーとしてやっている人と、個人でエンジニアなどの仕事を兼業しながらやっている人もいます。

カメラマン

 写真や動画などを撮影するサービスや写真を販売したり、画像や動画などを編集する仕事をフリーでやっている人もいます。

写真や動画の撮影には機材が必要なのでお金がかかりますが、最近ではスマホの写真を販売できるサービスなども出てきているので、今までよりも手軽に始められるようになりました。

販売

 自分や他人の商品やサービスを販売、営業する仕事もあります。基本的には人と関わることや、営業にネガティブなイメージを持っていない人に適した仕事です。

また、最近では誰でも簡単にネットショップを開設できるようになりましたので、こういったサイトを使うことで比較的に誰でも始めることが出来ます。 

 

不動産の紹介

引っ越しや一人暮らしを始めるときなど、家を探すときにはお店に行って不動産に紹介してもらうのが一般的ですが、それを個人で行っているフリーランスの人もいます。

収入は歩合制で、物件の紹介をするとその物件の家賃の何割かを紹介料をもらえるというシステムになっています。メリットは成果を出せば出すほど稼ぐことが出来ることですが、逆に言えば実力によって収入が左右されるので思うような収入が得られないこともあります。また、それまでに大家さんや不動産などと繋がりを作っておくことが必要になります。

 

人材紹介

企業に人材を紹介する仕事をフリーでやっている人もいます。基本的には不動産の紹介と同じく収入は歩合制で、企業が求めている人材を紹介すると、紹介するごとに紹介料をもらえます。

しかし、不動産よりも紹介するのが簡単なことと、ネットなどで副業としても紹介が出来るサービスが出てきていますので、今後こういった紹介系の仕事はどんどん増えていくでしょう。

 

音楽家

フリーの作曲家として仕事をしている人は、クライアントから依頼された楽曲を作ったり、自分で作曲した曲を販売して収入を得ています。

また、演奏家として演奏したり、個人の音楽教室を開いて先生として仕事をしている人もいます。

美容師

美容師として固定のお客さんを持っている人は、独立してフリーランスの美容師として活動したり、自分のサロンを持つ人もいます。

また、「面貸し」といって、自分のお店を作る資金などがない人は美容室やサロンの一部を借りて、そこでフリーランスの美容師として働くシステムもあります。このシステムによってフリーランスの美容師は増えてきています。

メイクアップアーティスト

俳優や女優、モデル、タレントなどにメイクをするのが一般的ですが、フリーランスでやる場合は、主に就活生や結婚式に出席する女性など一般の人にメイクをしたり、メイク塾を開いてメイクを教えている人もいます。


フリーランスの場合は、基本的にはSNSやブログを使ってお客さんを見つけ、また口コミによって仕事につなげています。

ネイリスト

メイクアップアーティストと同じように、SNSやブログを使ってお客さんを見つけ、フリーランスのネイリストとしてネイルをしたり、塾を開いてネイルを教えている人もいます。

また、元々サロンで働いていて固定のお客さんを持つようになり、独立してフリーランスのネイリストとして活動したり、個人のサロンを持つ人もいます。
 

放送作家

テレビ番組の企画や原稿の作成、また最近ではWebメディアでの執筆などをフリーランスでやっている人もいます。

仕事を取る方法としては、基本的には知り合いからの紹介、もしくは業界内で評判になって声をかけてもらう形になります。

農家

農家をやる場合も、フリーランス(自営業)です。平均年収はサラリーマンよりも農家の方が高く、年収1000万円近い人もたくさんいます。
地方や田舎には仕事がないというわけではなく、若者に人気の仕事がないだけで、脱サラして農家を始めて、会社員時代よりも稼いでいるという人もいます。

陶芸家

 

個人で陶芸家として働いている人もいます。Webサイトで作品を販売することで、海外からの注文もあるそうです。

ゲストハウス、民泊の経営

最近では、部屋を借りてゲストハウスや民泊を経営している人もいます。上手くいけば大きな収入を得ることができますが、ランニングコストもかかり、競合も増えてきているため、誰でも簡単に成功するというわけではないので、始めようと考えている場合はじっくり検討することをオススメします。

  

フードコーディネーター

企業のレシピ本に載せる料理の作成と写真撮影や、個人のお料理教室を開くなど、仕事の幅は多岐にわたります。最近ではクックパッドSNSで人気になり、料理本を出版する人などもいます。

シナリオライター

ソーシャルゲームなどのゲーム作りの現場では、シナリオ(ストーリー)をフリーランスのライターが書く場合もあります。働く場所を選ばず、好きなことを仕事にしたいと考えている人が増えているため、目指している人も増えてきています。

仕事の取り方は個人で営業、知り合いからの紹介、 またゲーム開発系に特化した人材派遣会社もあるのでそこを利用するという方法もあります。

  

運転手

 タクシー運転手のように、車を持っている人が個人で運転手をやる仕事もあります。「運転手」と「乗り手」をマッチングするサイトもあり、副業でやっている人から本業として年収700万円近く稼いでいる人もいます。

また、人だけでなく配達員として荷物や食事を運ぶ場合もあります。

 

八百屋

採れたての野菜や果物を自分の車で移動販売している人もいます。このように個人で一次産業に関わっている人も意外とたくさんいます。

 

スキルがあればフリーランスは稼げる

f:id:freelance1223:20170604132044j:plain
以上紹介した仕事以外にも、まだまだたくさんフリーランスの働き方は存在します。不安定、稼げない、というイメージを持つ人もまだまだ多いですが、スキルがあれば会社員よりも稼げてしまいますし、自由なスタイルで仕事をすることが出来ます。

もし、今よりももっと収入を上げたい、自由な働き方をしたいと考えている人は独立を視野に入れてみてください。