Liberty Create

会社に雇われず、フリーランスのクリエイターとして生きていく

フリーランスのイラストレーターの収入はどれくらい?

f:id:freelance1223:20170603013427j:plain

今、フリーランスイラストレーターを目指している人は増えていますが、イラストレーターの収入は実際のところどれくらいなのでしょうか。

イラストを描くことが好きで、それを仕事にしたいと思っている人に向けて今回は、フリーランスイラストレーターの収入についてお伝えしていこうと思います。

イラストレーターの収入は? 

 

イラストレーターの年収

100万円未満:52.5%

200万円未満:24.6%

350万円未満:13.1%

500万円未満:5.7%

800万円未満:1.6%

800万円超過:2.5%

※日本イラストレーター協会より引用


こちらは少し古いですが2006年に日本イラストレーター協会が実施したアンケートで、フリーランスイラストレーターの年収の割合を示すものです。

フリーランスイラストレーターは平均年収は200万円〜300万円で、
中には年収1000万円以上稼ぐという人もいます。しかしイラストレーターで高収入の人はごく一部で、多くの人はあまり稼げておらず、実際には多くの人が他にアルバイトをしながら生活しています。


一方、会社員としてデザイン製作会社に勤務する場合は年収300万円〜500万円で、よくイラストレーターの収入は低いと言われていますが、会社員としてイラストを描いている人の場合は他の職種と収入にそこまで大きな差はありません。


フリーランスと会社勤めのイラストレーターで大きく異なるのは、会社勤めであれば毎月決まった額がお給料として入ってきますが、フリーランスの場合は働いた分だけ収入が増えるが、働いた分しか収入にはならないということです。なので特にフリーランスを始めたての人は思うような年収を得られないことも多いです。

 
なので、いきなり独立してフリーランスイラストレーターとして働くのではなく、まずは会社員として働いて安定した収入を得ながらスキルを磨き、業界内の人脈を広げてから独立するというの1つの手です。


どのようにして収入を得るのか?

 

フリーのイラストレーターの収入は、基本的に1枚いくらという、単価設定になっています。この1枚あたりの単価はその人の実績や実力によって大きく変わりますが、数千円から数万、数十万というものまであります。

そのため、収入が0に近いこともあれば、1枚描いただけで何万円、何十万円の収入になることも不可能ではありません。


フリーランスを始めたての場合は単価をいくらに設定するのが適切かわからないと思いますので、ここからイラスト1枚当たりの単価の相場をご紹介します。


イラスト1枚あたりの単価相場 

 ラノベイラスト

f:id:freelance1223:20170603112841j:plain

出典 ホンシェルジュ

  • 表紙:10万円
  • カラー口絵:2〜3万円
  • モノクロ挿絵:1万円
  • モノクロカット:5千円
  • 一冊当たり(表紙+口絵+挿絵5枚以上)約20万円



 小説、雑誌、本、等のイラスト

f:id:freelance1223:20170603113359j:plain出典 Amazon

  • 文庫表紙:6〜10万円
  • 週刊誌挿絵:2万〜3,5万円
  • 雑誌表紙:5〜60万円
  • 雑誌カラー:1,8万〜3万円
  • 雑誌カラーカット:数千円〜3万円
  • 雑誌モノクロ挿絵:5千円〜3万円
  • 地方新聞の挿絵:5千円〜1万円
  • 三代新聞の挿絵:4万円



カードゲームイラスト

f:id:freelance1223:20170603113702j:plain出典 進撃のバハムートWiki

  • キャラクターデザイン:1〜5万
  • 背景ありキャラデザ:1万〜10万円


Webサイトのヘッダー、アイコン等

  • ヘッダー画像:10〜30万円
  • イコン画像:3000円〜


ポスターイラスト

  • ポスター:20万円〜100万円

 

  

フリーでイラストレーターを
やっていくのに必要な計算と考え方

 
f:id:freelance1223:20170603112436j:plain

ここまで聞くとイラストレーターって稼げないのか、と思ってしまうかもしれませんが、一部にはめちゃくちゃ稼いでいるイラストレーターもいます。ただし、そういう人は有名でネームバリューのある人か、作業スピードがものすごく速い人に限られます。

フリーのイラストレーターとして高収入稼ぐには1枚当たりの単価を上げるスピードを上げて数をこなすかのどちらかしかありません。

 

しかし、1ヶ月の間に描けるイラストの数にも限界がありますので、計算して単価を決めていかなければいけません。


例えば、1か月間生活するのに必要な生活費が30万円だとします。そしてイラストを1枚当たり描き上げるのに(クライアントからのチェックと修正を含めて)5日かかるとします。

すると、1か月間(30日)で描き上げられるイラストの枚数は30÷5で6枚になるので、1枚当たりの単価は5万円以上に設定しないと生活することが出来ないことになります。実際には、30日間休みなく働くのは不可能なので、もっと単価を上げるか1枚当たりの描くスピードを上げなければいけません。


というように、フリーでイラストレーターをやって生計を立てていくには、日々こういった計算をしながら描き続けていくことが必要になります。


修正作業に時間をとられる

 

f:id:freelance1223:20170603114328j:plain


イラストレーターの人の悩みの一つが、修正作業に時間をとられることです。

基本的にイラストは描き上げたらそこで終わりではなく、クライアントからチェックが入り、だいたい1回の仕事につき数回は修正をすることになります。

そのため、どうしても1枚のイラストを完成させるの多くの時間がかかってしまうため、単価自体はそこまで低くなくても、結果として1時間あたりの時間単価が低くなってしまいます。


結局、どれだけ数をこなせるかが収入に大きく関わってきますので、1枚あたりの完成させるまでのスピードを上げることが重要になってきます。


自分の『世界観』を作り上げる

 

f:id:freelance1223:20170603114905j:plain

 
フリーランスイラストレーターが収入を大きくしていくためには、スキルももちろん重要なんですが、もう一つ重要なのが自分のオリジナルの『世界観』を作り上げることです。

世界観を作るとはどういうことかと言うと、あなた独自のイラストの雰囲気であったり、オリジナルのキャラクターなどを生み出すことです。あなたの世界観を作ることが出来ると、高単価で依頼を取ることができるようになり、またわずかな作業時間でも多くの報酬を得られることもあります。


特に自分の「オリジナルキャラクター」を生み出し、それが人気キャラになった場合、自分自身でイラストを描かなくても、メーカーがグッズやおもちゃを生産し、それらの売り上げの一部を得ることが出来ます。

そこまでいけば人気イラストレーターとして、年収1000万円以上を稼ぎ出すことが出来るでしょう。