Liberty Create

会社に雇われず、自由にフリーランスとして生きていく

今更ながら主なネット副業を3種類にまとめてみた

f:id:freelance1223:20170629112517j:plain

ネットでお金を稼ぐ方法を調べてみても、様々な方法が出てきて、どれが正しいのか、どれが上手くいきやすいのかよくわからないですよね。なんと、ネット副業の手法は細かく分けると200種類以上あると言われています。

そこで今回は、ネット副業を大きくアフィリエイト系、情報販売系、物販系の3種類に分けて、その中でも有名なものをそれぞれご紹介していきます。

 

アフィリエイト

f:id:freelance1223:20170629112806p:plain

アフィリエイト

アフィリエイトは自身のサイトやブログ、SNSなどに広告を掲載して、ユーザーがその広告を見て商品を購入したら、その売り上げの何%かを報酬として得ることが出来るというものです。

アフィリエイトの仕組みはわかりやすく言うと、ネット上における広告代理店の仕組みと同じです。テレビ番組やCM、街頭広告からポスターといったものが商品の宣伝をしているのと同じことを、ネット上でしているだけです。

また、アフィリエイトは広告をクリックしたら報酬を得られるクリック型と、商品やサービスが購入されたら報酬を得られる成果報酬型の2種類があります。


アフィリエイトを始める具体的な流れ

1.アフィリエイト広告を提供しているサイト(ASP)に登録します。

2.自分が紹介したい商品の広告を取得します

3.ブログやSNSを立ち上げ、ユーザーの役に立つ情報を発信していく

4.そこに広告を掲載し、商品の販促をする

5.商品が売れたら報酬が入る

情報商材アフィリエイト

情報商材アフィリエイトは、情報商材を自身のサイトやブログ、メルマガで紹介することで、報酬を得るアフィリエイトです。情報商材は他のアフィリエイトに比べ、報酬の単価が高く、一件紹介すれば数千円から数万円の報酬を得ることが出来ます。そのため、アフィリエイトの中では最も稼げる額が大きいアフィリエイトです。
オススメのASPインフォトップインフォカートなど。
 

Googleアドセンス

Googleが提供している広告を自身のブログやサイトに掲載し、それがクリックされると報酬が得られるという仕組みです。広告は一度貼り付けてしまえば、あとは自動的に関連するものや最新のものに切り替わっていくので、放置していて大丈夫です。

平均1クリックで30円から50円くらいの報酬が得られます。
ASPGoogle

ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトは、自分が売ろうとしている商品やサービスに関する専門性の高いブログを作り、そこから商品やサービスを販売していくアフィリエイトです。アフィリエイトの中でも、最もスタンダードなスタイルの一つで、こう言ったサイトやブログをいくつも量産して、月に数十万から数百万円という広告収入を得ている人もいます。

しかし、このブログアフィリエイトは文章を書くスキル、マーケティングのスキル、検索エンジンで上位表示させるためのSEOのスキルなど、様々なスキルが必要になので、あまり初心者向けではありません。

ASPA8.net楽天Amazon・FC2など。

ユーチューバー

f:id:freelance1223:20170629112939j:plain

 「好きなことで、生きていく」というキャッチフレーズを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?今やとてつもない人気を誇るユーチューバーも、YouTubeからの広告収入を得るアフィリエイトの一種です。

YouTubeではパートナープログラムというものを提供していて、条件を満たせば誰でも参加して広告収入を得ることが出来ます。

基本的に、掲載される広告はYouTubeの親会社であるGoogleアルゴリズムによって決められ、インストリーム広告・オーバーレイ広告・サイドバー広告の3種類の広告が表示されます。そのため、広告収入を伸ばすためには、まず動画の再生回数を伸ばすことだけ意識すれば良いです。

自己アフィリエイト

アフィリエイトは基本的に他人に商品やサービスを紹介して購入してもらうことで報酬を得ることが出来ますが、自己アフィリエイトは商品やサービスを自分に対して紹介して自分で購入することで、報酬を得ることが出来ます。そのため、サイトを立ち上げたりしなくても、やればすぐに必ず報酬を得ることが出来ます。

 

また、この自己アフィリエイトを知っておけば、普段商品やサービスを購入しようとするときに安く購入することが出来ます。

 

しかし、自己アフィリエイトが出来るのは1つの商品やサービスにつき1度きりで、継続して稼ぐことは出来ないため、アフィリエイトで稼ぐ感覚を掴むために利用するのがいいでしょう。オススメのASPA8.net

 

情報販売系

f:id:freelance1223:20170629113048j:plain

情報販売

情報販売とは、ネット上で個人が書籍を出版し販売することで、販売される書籍は1冊数千円から数万円で売買されます。こういった書籍には書店では売られていないような特別な情報が書かれていて、一般の本と比べると高額ではありますが、その金額に見合った情報を得ることが出来ます。

また、テーマを自分で決められるので、自分の趣味や特技、好きなものについての知識や経験をを発信して収入を得ることができ、他の副業よりも楽しく取り組むことが出来るのが情報販売の魅力です。


情報販売はコスト0で参入することができ、商品が情報のため在庫リスクもないため、売れれば売れるだけ利益になります。中には役に立つようなコンテンツを作り、数千万円から数億円を売り上げた人までいます。

しかし、やはり収入につながるまでに時間がかかるため、途中で投げ出してしまう人も多く、毎日地道な作業が必要なためあまり初心者向けではありません。

写真素材の販売

カメラが趣味の人にオススメなのが、写真素材を販売して収入を得る方法ですPIXTAfotoliaといったサイトで、一定の基準をクリアして審査に通ったら、写真を販売することが出来ます。

写真素材をとにかく大量に出していくことで収入になっていくので、収入につながるまでは時間がかかりますが、写真を撮るのが好きな人にとっては最適な副業といえます。

物販系

f:id:freelance1223:20170629113342j:plain

せどり(国内転売)

せどりは売れそうな商品を安く仕入れ仕入額よりも高い値段で売ることで、その差額分の利益を得ることが出来るというものです。仕入れた商品はネットオークションやメルカリなどのフリマアプリ、Amazonなどで販売していきます。

アフィリエイト系や情報販売系とは異なり、難しい知識やスキルは必要なく、比較的誰でもすぐに大きな利益を出すことが出来ます。また、高く売れる商品を、市場価格よりも安く入手出来るルートを見つければ、継続的に収入が見込めます。

しかし、最初に仕入れが必要なので初期資金が必要なのと、商品の梱包や発送が必要なため自動化できない、などのデメリットもあります。

輸出入転売

輸出転売は日本にしかない商品や、日本の方が発売日が早い商品を海外のオークションサイトで販売する方法です。例えば、日本のアニメや漫画に関係するものは海外でも人気で、限定品などはプレミアがついて高値で売れる場合もあります。

輸入転売はebayなどの海外のオークションサイトなどで日本より安く売っている商品を仕入れて、日本で高く売る方法です。同じ商品でも海外では、半額以下で売っているものもあるので、利益を出しやすいです。

しかし、仕入れるのに送料が高いことと、商品が到着するまでに非常に時間が掛かる点で、国内の転売に比べてリスクは大きいです。

ハンドメイド商品の販売

アクセサリーやグッズ、服などのハンドメイドの商品を自分のネットショップを簡単に解説することが出来るBASEや、メルカリ、ネットオークションなどで販売していく方法です。

しかし、出品するだけではお客さんが集まらないので、売上を伸ばすためには、SNSでシェアしたり、ヤフオクやメルカリなど人が集まりやすい媒体などを使ったり、といったように複数の場所で出品していくことが必要です。