Liberty Create

会社に雇われず、自由にフリーランスとして生きていく

辞めたくても辞めさせてもらえない・・・。絶対に仕事を辞められる方法

f:id:freelance1223:20170523154627p:plain

 

仕事を辞めたいのに、辞めさせてもらえない・・・。また、人不足で辞めたいけどとてもやめるなんて言い出せない。精神的にも肉体的にももう限界なのに、辞めさせてもらえない状況にある人は多いです。

今回は、そんなあなたが仕事を辞められる方法について書いていきます。

 

必要なのは知識と強い意思

 

f:id:freelance1223:20170523164925j:plain​​​​​​​

毎日毎日、職場に行くのが苦痛で早く辞めたいのに、上司に辞めたいと言ったら色々聞いてきて、なんだかんだで結局辞めさせてもらえない。同僚や周りの人にも辞められたら困る、と言われてなかなか辞められない。それがまたストレスになっている人も少なくないと思います。

 

しかし、これはあなたの人生です。今の仕事に不満があって本当に辞めたいと思うなら、早いうちに辞めて他の選択肢を見つける時間に使ったり、他にやりたい仕事があるならそれに向かって時間を使う方が絶対にいいです。

上司に引き止められ、自分が抜けたら周りに迷惑がかかるからと気を遣っても、あなたにメリットはありません。そして契約上、社員は必ず仕事を辞める権利を保障されていて、会社側にはあなたを引き止める権利はありません。

 

辞めたければあなたは絶対に仕事を辞めることが出来るんです。あとは知識と強い意思を持つことが必要です。

 

法律上は14日で辞められる

f:id:freelance1223:20170523154721j:plain​​​​​​​

 

当たり前のことですが、会社側としては社員に仕事を辞められるのは損失であり、また上司は社員が辞めることで自分の評価が下がることを気にして、強引に引き止めようとしたり、脅してきたりすることもありますがそれに従う必要は全くありません。


まず法律で「退職の自由」が規定されており、有期雇用以外の会社員の場合はいつでも辞める申し入れをすることが出来、申し入れから2週間で辞めることが可能だということを知りましょう。(民法627条)

その申し入れに対し、会社の同意や承認は一切必要ありません。そのことを念頭に入れておきましょう。

 

辞めたい理由を明確にする​​​​​​​

 

「辞めたい」という気持ちが勢いのままただ感情的だと、それを言い出しても子供のわがままを諌めるように上司に止められてしまいます。

辞めるためには、ただ感情的にではなく「どうして辞めたいのか?」を明確にしましょう。そしてそれを論理的に説明できるようにすることが必要です。

 

そのために、

・辞めたい理由を紙に書き出す 

 ・友達や同僚、信頼できる人に相談する

 

これをすることで、自分の辞めたい理由を論理的に伝えることができ、またあなた自身が本当に仕事を辞めたいのか?それとも一時的に落ち込んでいるだけなのか?明確になり、辞めるかどうかの決断ができるはずです。 

 

辞めた後どうするか考える

 

f:id:freelance1223:20170523165342j:plain

 

今すぐ辞めたいと思って入るけど、辞めた後収入が減って生活できるか不安だったり、辞めたあと転職やフリーでやっていける自信もない。そして辞めた先にどうしていくかを全く考えていないまま上司に相談し、「辞めてからどうするのか?」と聞かれて強く言えず、引き止められてしまう人が多くいます。

辞めたあとどうするのか、自分の中で考えをはっきり持っておくことが大切です。


と言っても次の仕事や、やることが決まっている必要はありません。例えば、辞めてアルバイトをしながらフリーになるでも、辞めて自由な時間を作って将来を考える時間にする、でもいいと思います。

辞められない人のパターンは「何も考えていない」ことです。自分の考えを持って、とにかく辞めるんだということを上司にはっきり伝えられるようにしましょう!



無理してその会社で働く必要はない

 

f:id:freelance1223:20170523155638j:plain

 

そんな環境で働き続けることは、身体的にも精神的にもダメージが大きいです。最悪の場合はそれで鬱や自殺に陥る場合もあります。そこまではいかないとしても、無理してその会社で働く必要はありません。

もし、今の仕事をこれから何年も何十年も続けられる自信がありますか?と自分に問いた時、もし無理だと思うなら辞めるのは時間の問題です。


案外、辞めてみると辞める前に抱えていた不安のほとんどはなくなったりするもので、時間的にも肉体的にも考える余裕が生まれて上手くいくようになったり、フリーターの方が収入的には多い場合も少なくありません。 


まずは辞めたい理由を書き出してみて、自分が本当にこの会社を続けられるのか?今すぐやめるべきなのかを明確にしてみてください。