Liberty Create

会社に雇われず、自由にフリーランスとして生きていく

始める前に知っておきたい4つの副業の種類

f:id:freelance1223:20170624155803j:plain

最近、大手企業の副業解禁などで、よく副業についてニュースや雑誌で取り上げられるようになりました。本業の収入だけでは生活が厳しかったり、もっと余裕が欲しいということで副業をしている人というのは少なくありません。


しかし、副業に興味があるという人も多いですが、ひとえに副業といっても様々なものがあるので、ネットで検索しても情報が多すぎてよく分からないという人も多いと思います。

そこで今回は、副業とはどういうものなのかということとと、副業の大まかな種類について御紹介します。

 

まずそもそも「副業」って?

f:id:freelance1223:20170624155932j:plain

副業というのは、「本業以外で収入を得ている仕事」です。日本では基本的に、日本国憲法第22条に定められている「職業選択の自由」によって副業をすることは認められていますが、従来から日本の企業では就業規則で副業を禁止しているところがほとんどです。

しかし、最近では副業をすることで本業の方にも良い影響が出ることを期待して、副業を積極的に支援している企業も増えてきました。


雑誌などで掲載されている副業に関するアンケートによると、今やサラリーマンの4人から5人に1人は副業をしているというデータがあり、主婦や学生でも副業に取り組んでいるという人は年々増えてきています。

副業をしている人は主に休日を利用して1日、2日働いている人や、本業の仕事の後に数時間働く人、長期休みに一気に働くという人もいます。

副業する人が増えてきているワケ

f:id:freelance1223:20170624160042j:plain

給料だけでは生活が苦しい

終身雇用制度が崩壊し、3人に1人が非正規雇用という現在、平均年収がどんどん下がってきているなか、給料だけでは生活が出来ないという人が増えてきています。また、正社員でもコストカットの影響で残業が出来ず、生活が苦しいという場合も少なくありません。

そして、欲しいものも買えず、遊びや旅行にも行けず、何で働いているのだろうという疑問を持つようになり、経済的余裕を求めて副業を始める人が多いようです。また、年金制度がどうなっていくのかわからない今、少しでも貯金をして、将来の不安を解消したいという理由から始める人もいます。


副業解禁とその風潮

まだまだ副業禁止の会社が多くありますが、ここ数年で副業を解禁するという大手企業が増えて、ニュースなどでも話題になりました。


大手企業が副業を解禁する理由は「優秀な人材を確保しておきたい」からです。副業を解禁することで、それによって個人のスキルアップや会社の広報活動に役立ったり、

また「副業が出来ないから、会社を辞めようかな」と、会社を辞められたり、より自由度の高い会社に引き抜かれるのは企業にとって大きなリスクになるため、従業員の満足度を上げるという意味もあります。

そういったニュースを見て、副業に興味を持つという人が増えてきています。

 

インターネットの普及で副業がしやすくなった

インターネットの普及で一気に副業をするのが簡単になったことも、副業をする人が増えた理由の一つです。インターネットを利用しすることで、人脈やスキルがない人や在宅でも、気軽に副業に取り組むことが出来るようになりました。そのため、サラリーマンだけでなく、主婦や学生でも副業に取り組む人がかなり多くなってきています。


例えば、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトを使えば、インターネットを通して自宅でもエンジニアやライター、デザイナーなどの仕事をしたり、スキルのいらない単純作業などをして自宅にいながら収入を得ることも出来ます。

副業をする上で気をつけるべきこと

副業をする上で最も気をつけなければいけないことは、やはり本業を疎かにしないということです。もし、副業のせいで本業に悪影響や損失を与えた場合、最悪会社をクビになってしまいます。

そのため、まず副業を始める場合は本業の就業規則で「副業禁止」かどうかを確認しましょう。

 

どんな副業があるのか

f:id:freelance1223:20170624160243j:plain

副業の方法は大きく分けて4種類。アルバイトや派遣、パートといった労働時間をお金に変えるアルバイト型副業アフィリエイトや物販、情報販売といったインターネットを使って行うネット副業、株やFXといった投資クラウドソーシングや人からの紹介などで、個人として仕事を請け負うスキル型副業に分けられます。


アルバイト型の副業は多くの人が経験したことがあり、働けば確実に収入になるため取り組む人は多いですが、代わりに時間と労力を使う為、本業とのバランスが難しいです。

一方、自宅で出来るネット副業や投資の場合は、成果報酬なので安定した収入とは言えませんが、自分の好きな時間に自分のペースで取り組むことが出来る為、本業に負担をかけずに取り組むことが出来ます。


女性の場合は経験がある人も多く、安心感と確実性があるため、特に飲食や接客業などのアルバイトが好まれ、男性にはネット副業や投資などの成果報酬型の副業が人気です。また、最近ではクラウドソーシングもかなり注目されていて、報酬は少ないですが、自分のスキルアップにもなるので独立を考えている人にはオススメの副業です。

 

自分にあった副業を選ぶことが必要

f:id:freelance1223:20170624161155j:plain

副業の種類を4種類に分類しましたが、実際にはこの4種類の中でもさらに細かく分けられ本当にたくさんの副業があります。
その中で、長期的に収入を増やしていきたいのか、短期的に今収入を増やしたいのか、など目的や自分が続けられるかなどの要素で選ぶべき副業は変わってくるので、自分にあったものを選ぶことが必要です。


会社の給料だけに収入を頼るのではなく、収入源を複数持っておくことは生活に余裕を作り、万が一の時の保険にもなりますので、興味がある人はぜひ本業に支障は出ないか、体力的に無理はないかを確認した上で、取り組んでみるといいと思います。